622d8030.jpg
 283b9890.jpg


おかしいな・・・最初に計算したときは2時間以内に終わるセットリストだったのにな・・・(笑)
とんだトークショーですよ。まさかトークで一時間オーバーとかやりすぎたwwwwwwwww
これがやまろクオリティ。うん。


9/26(金)やまろないと 其の弐 【セットリスト】

1.鳥の詩ショートver.
   [MC1]
2.walking proud(真音)
3.pray(真音)
4.ETERNAL BLAZE(真音)
5.トライアングラー(山田)
6.POSITIVE(山田)
   [MC2]
7.たった一つの想い
8.ライオン

   [真音ソロtime]
9.Crystal Letter
10.飛び方を忘れた小さな鳥
11.太陽のマライカ
12.翼はplesureline

   [山田ソロtime]
13.for フルーツバスケット
14.未来パラソル
15.フレンド~いつまでも忘れない~
16.嵐の中で輝いて
17.永遠の扉

   [MC3]
18.鳥の詩


   [アンコール]
19.FRIENDS


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そしてトークショーwwwwwwwwwwww



本日は、やまろないと 其の弐、もといやまろのトークショー(1/3ほどw)にお越しいただきましてまことにありがとうございます。
びみょうだったけど・・・一応雨もほとんど降らず、伝説はびみょうな結末を迎えたことを大変喜んでいるやまだです。
今回のやまろないとは前日の夜中まで話が二転三転。曲を減らしたのに結果、セトリ的には増えているのはどういうこと???みたいな
とにかくアクシデント続きでしたwww(じゅんじ的な意味でも)
前回のやまろないとが2/27でした。
それから二人は、それぞれのライブ活動を経てそれなりの経験を積んで、今日アキバに再び”やまろ”として帰ってきました。
だいたい半年くらい。なんかもっと長かった気がするくらい濃い半年でしたが。
まろんちゃんに追いつけるほどでは到底ないんですが、やまだも前回よりレベルアップした・・・つもりです(笑)
半年歌ってなかった曲もかなりあったけど、なんだか不思議と、違和感なくすんなり”やまろスイッチ”入りました。
一緒に歌うことが、自然。
彼女の歌唱力に追いつくことにも必死な部分もある。
でも、そこをいい具合に残しつつも 何より一緒に歌える楽しさが一番にあって。
ライオンとか新しかったなーやまろ的には。今回は冒険的なセットリストでした。
いろいろ無茶も多かったのに、なぜかフタを開けるとダメダメなMCですら全部ひっくるめて すごい良かったなぁって。
あの空気感が、心地よかった。
いや、MC考えてなさ過ぎてダメはダメだったんですよ?(*・ω・*)
でもいつもならMC考えてない!どうしよう!やっぱり今日も確実に滑るよ!とか不安であたふたするんだけど
まろんちゃんと一緒だともう・・・やまろは喋ると残念なのわかりきってる事だし・・・とか逆に安心しちゃって。
いい意味で、彼女と一緒だと安心。なんか「大丈夫か???」と思うことだらけなんだけど、本番になってしまうとすっごい安心しちゃう。
わたしの隣にいてくれれば、それでいい(笑)
やまろには
すごく素直に、まったくもって飾らずに、なんだか素のままステージに上がってしまうマジックがあるんです。
今日は一日中、どこまでも素でした。
でも、それがすっごい素敵だ!と思うわたしがいます。
そう、すっごい素敵なんです。
まろんちゃんがわたしにくれる魔法も相当なもんだと思うけどなー。今度あったらクリーミィマミとでも呼んでおくか・・・
彼女に貰ったものがいっぱいある。
いっぱいありすぎて持ちきれないので、全部飲み込んでみた。
そしたらいまの『やまだめがね』になった。

ありがとう

何回言っても足りないくらい。

良いも悪いも、どんなまろんちゃんも結局は好きです(笑)


今日ばかりは泣いてしまったwわたしライブでは我慢できる子だったんだけどなー。



あんなにフレンドが歌えない日を迎えることになろうとは!!!




ソロのことをちょびっと。91dc44dd.jpg


POSITIVEが、相当浮くんじゃないかと心配したんだけど、すっごい好きな曲で。
「いつも自分に言うよ、君は大丈夫だからと 愛される輝きを いくつも持っているからね」
ここが一番好き。それから最後。
「ほんとはかんたんなの 幸せになること」

トライアングラーとかフルバとかはね、初じゃないからそんなにソワソワしなかったけど。
フレンドはだめ(笑)体勢立て直すまでに相当時間かかっちゃって、ビデオ見るのこわいwww

未来パラソルは、妹とは違うんです。
曲そのものと「やまだ」個人が向き合って答えを出した結果が今日・・・というかんじ。
飲む→消化→生む という作業。メロディーがほんとに大好き。心の底から好きです。

嵐の中で輝いて→永遠の扉→FRIENDS
米倉千尋アニサマセトリ完全制覇。それだけをずっと8/31から思い描いていました。ずっと、ずっと。
やまだの中で、夏くらいに違うスイッチが入った。
わたしは自分の声が・・・薄いというか、軽いから、こういうカッコいい曲は向いてないと思ってた。
ライブとか出るようになってからずっとこの夏くらいまではそう考えていたのです。
だから山田×メガネ。さんは、ガンガン盛り上がるアゲ系選曲はあんまりしないものと、ルールを作っていました。
(集団に組み込まれた場合は別)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ふと前回のYMDでカっとなって、マクロスFに挑戦してみた。
あれ?もしかして、こっちも大丈夫なのかな?
アニサマを観てきた→完全スイッチON。
たぶん、薄明かりだった照明が、急に全開になったような衝撃でした。まぶしっ!てな感じで。
冒険は、成功したかのように・・・思えます。どうだったのかな。
みなさんの耳には、どう届いたのかな。とにかくわたしはめちゃくちゃ楽しかった!・・・のは見てバレバレですな。
歌い手に対し、ステージが狭く感じるならば、それは圧倒的な存在感がその人にあるということで
それが、最高のパフォーマンスだと思います。



誰かの感想で、なるほどって納得した一文があって

真音ちゃんは、想いを内に秘めて歌う
やまだは、想いを全面に出して歌う

表裏一体だから合うのかという・・・・・・・・・やー・・・納得した。目に見えるくらいにお互い間逆すぎて、そりゃクワバタオハラにも見えるくらいですよ。
無いものに憧れたり尊敬したりする気持ちが、きっとそこにあるから高めあっていけたんだなと。

うん。



文章まとめる脳みそが無いのは、だらだらMCを引っ張っているからだと思う★

つまりは


二人で歌う「FRIENDS」が、わたしは、わたしは、すごくすごく好きだった。


ということ。