最近のわたしは、ひとりで部屋にいるとき基本的にテレビをつけない。
なんだか余計にひとりな気がするから好きじゃない。


たまたま妹もお母さんもいないこんな夜に、
はやく寝ようと思って布団に滑り込んでもなかなか眠れなくて。
ふわふわして落ち着かないまま
まんがを開いても、読むでもなく
ぴっちに付いてるチェシャ猫しっぽをにぎにぎしながら
ぼんやり考えごとをしたりしなかったり。



眠くなるのを待ってるのに、全然眠くならない深夜1時。






妹が飲み会から帰ってきた。
布団を確認する。

おかえり

ただいま

テレビっ子の妹は真っ先にテレビをつける。

自分でつけるテレビは、なんだかチカチカしているだけで くすんで見えて、まったく頭に入って来ないのに
妹がつけるテレビは、面白くてカラフルで 一瞬で心地よいBGMになる。

買ってきた「3月のライオン」2巻を、もう一度開く。こんどはちゃんと最後まで読む。
ほっこりした(*´U`*)

そして
いま流れてるのがなんの番組かはわからないけど、そのブラウン管から漏れる音を聴いてたらだんだん眠くなってきた。



実家って、すごく良い。
家族がすぐそばに居ること。それはしあわせなこと。

ほわん。