s-CACX2RAY子供の時はあんまり好きじゃなかった、暗いイメージしかない地味な駅。

思い立って、今日はもう片方の【その駅】から帰ってみた。
(といっても駅まで徒歩15分~20分)

中学校がそっちの方だったから、15歳までは毎日歩いていってたんだけど
高校生になってからは近い方の駅にしか行かなくなってはや10年ちょっと・・・

新しくサーティワンが出来てたことだって知らなかったくらい、ずっと行ってなかった。


不便なの。なんにもないし。



そう思ってたんだけど・・・ふとこの前行ったら印象がすこし変わってて。
景色はほとんど変わってないんだけど、何かがちがう。何だろう・・・?って思いながら今日もぶらぶら歩く。

短い商店街をゆっくり歩いて、そういえば昔からあるけど行ったことない八百屋に入ったら野菜安かったとか
街の・・・なんでも屋・・・みたいな・・・なんていうの・・・食品~生活雑貨まで激安で売ってるようなお店・・・?
で、冷やし中華(生麺)がめちゃめちゃ安く買えたとか・・・外から見ると怪しげなんだけど、すっごい賑わってたり
焼き鳥屋のバイクの陰で、暑さにうだる猫ファミリーが固まってごろごろしてたり
何屋さんなのか謎すぎる、扉全開放してサンダルぬいで素足で打ち合わせしてる小さいオフィスがあったり

良い街wwwwwwwwwゆるいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

わたしの地元の同級生なんかは転勤族が多くて、もうその場所には住んでない事のが多いんだけど
あー・・・この辺に誰々が住んでたな、とか。

ずっとこの辺りに住んでるとあんまりそういう目で見たり、歩いたりしないんだけど
最近はそういうのを良く見るようになりました。

大きい道路も近くを通ってるけど、良い意味で何もない。
大きいビルもあんまりないし・・・一本裏に行けば民家ばっかり。
何かがあるわけじゃないから、ほんとにほんとに地元のひとしか居ない 終点 の駅。
単線行き止まり。いまだに何時にそこに行っても、駅もホームもどんより薄暗い。
ぼろっぼろのそば屋がずーーーっと昔から階段上がってすぐのところにあって、いつも美味しい匂いがしてる。

この駅は、このこじんまりとした閉鎖感がいいんだな。

ひみつの場所みたいな。

すぐ近くに大きい駅があるからこそ拓けないこの風景が、いいみたい。

子供の頃はぜんぜん、良いところなんてないと思ってたこの場所が
好きになったり、愛しく思ったり・・・わたしはきっと、あの時早くなりたかった オトナ になってしまったんだと思う。

案外

あの頃思い描いた自分より、もっと良い オトナ になってるかもしれない、なんて思ったかようび。

日々をゆっくり見つめる時間が出来て、見落としてきたことをいまじっくり回収し続けてる。


自分のこと。

家族のこと。

いろいろと。


明らかに違う、時間の過ごし方にカラダが馴染んで 健康的な日々(笑)
今日も一時間半くらい川沿いをひたすらウォーキング。同じ目的の人たちとすれ違う度にご挨拶。


まさかの超展開でクリニックの時給も上がったし・・・今日も良い一日でした。 おしまい。