s_一握の絆

日記かきたいネタがたまってしまった。先週~今週は立て込んでおりました!!

ユウちゃん、こと 沢田はな ちゃんの初舞台、観にいってきました。

お芝居を観にいくのは、年1くらい。
お友達が出ている舞台しか行って無いけど、時間が合えばもっと色んな人の舞台を観にいきたいのです。
大きい劇場で観るの好きです。ミュージカルとかも大好きです。
でも小さい小屋で、ふだんはお友達としてお付き合いしている子が、知っているはずの人が
違うキャラクターになって、違うセカイを生きて、
まったく別の物語の歯車のひとつになっているのを観るのも大好き。

舞台って、テレビの向こうで見るようなナチュラルさ?はほとんどないから
よりオーバーに、よりわかりやすく、より激しく、より楽しく・・・
役者さんたちはものすごいエネルギーを持ってお芝居をする。
生で観ていないと感じられない息遣い、振動。
効果音でもBGMでも声でもない、感情の音が漏れ聞こえてくるような、張り詰めた空気感。

脚本はもっと小難しく、もっと単純に、もっと奇想天外に・・・って
1時間のドラマとかでは考えられないくらいの情報量を詰め込んでくるものが多い気がします。
今回のお話もまさにそんな感じで
テンポとかスピード感がすごくて、2時間あっという間に過ぎ去りました!
途中で「これどう終わるんだろう」って冷静に考えている自分もいました。
そして終わってからもしばらく考えこんでしまったwwwww
つまり、いいお話だったのか・・・いい芝居・・・だったのか・・・www
何も考えずに爆笑できたシーンが一番好きだったけど、このあたりは今度ユウちゃんとお話しようwwwww
この舞台は今週末までやっているので、ネタバレはなしに。

ただこれはネタバレにならないので言うよ!!!「赤穂浪士47」のくだりが最高でした!!!(何度も言う)
即興ってほんとすごいよね、恐れ入るわ。女子高生が赤穂浪士のセンターとかほんともう。

つまり何がいいたいかというと赤穂浪士47を2時間分観たいっていうのと

同じメンバーでもっとすっごい明るい物語を観たいなと思いました。

役者さんはとにかくスタミナないとこのストーリーを昼夜はまわせないだろう!というようなハードな内容でした。
ユウちゃん、おつかメガネー!